ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

ドッグフードの栄養分の違いによる種類

   

●総合栄養食
栄養のバランスを考えて成分が調整されているもので、そのドッグフードと水だけを与えていれば、健康を維持でき、子孫を残せるものを意味しています。

必要な栄養素が過不足なく含まれているので、手軽に与えることができます。

この表示がされているもドッグフードは、AAFCO(Association of American Food Control Officials=全米飼料協会)の栄養基準値を満たし、かつペットフード公正取引協議会の承認を受けているものです。

●一般食(主食用)
主食として与えることを目的として作られたドッグフードですが、総合栄養食と違い必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素を過剰に摂取してしまったり、不足したりする恐れがあります。

よって表示されている栄養含有量を見ながら、ドッグフードの他に何を与えるか調節する必要があります。

●副食(おやつ用)
ササミジャーキーやビスケットなど間食を意図して作られたものです。嗜好性を高くしてあるため犬は喜んで食べますが、これだけでは栄養が偏り、肥満などの原因にもなります。

あまり与えすぎてしまうと、肝心の食事を食べなくなってしまいますので、パッケージに記載された給与量を守ってください。

 - ドッグフードについて

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Magnus Bråth
ドッグフードの水分量の違いによる種類

ドッグフードは、水分含有率の違いによって、大きく三種類に分かれます。 ドライフー …

By: Jennie Faber
犬の食事について

犬は、もともとは肉食動物です。 長い間、人間といっしょに暮らしていくうちにだんだ …

モグワンナッツ
モグワンドッグフードはドッグフードジプシーを終わらせてくれるかも

  わが家にはミニチュアダックスフンド2匹、チワックス1匹、カニヘンダ …