ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

ドッグフードの水分量の違いによる種類

      2017/06/30

ドッグフードは、水分含有率の違いによって、大きく三種類に分かれます。

ドライフード

水分が10%前後とほとんど含まない乾燥フードで、多くのドッグフードがドライタイプに分類されます。

このタイプのドッグフードは栄養価が高く、飼い主にとっては手軽で保存性も高いことから、最も多く利用されています。

また硬いので、歯に歯垢がつきにくいという効果や、顎の骨を丈夫にし将来歯が抜け落ちたりすることを防ぐ効果もあります。

セミモイスト(ソフトドライ)フード

ドライタイプとウェットタイプの中間、いわゆる半生タイプのドッグフードです。

水分が25~35%程度含んでいるので、腐敗防止のための添加物が避けられません。

嗜好性は高いので食いつきはいいのですが、顎の骨の強化のためにもドライタイプのドッグフードと混ぜて与えてあげることをお奨めします。

ウェットフード

缶詰やレトルトパックなどに入っているドッグフードです。

水分が75~80%と多いので1g あたりの栄養価は低いのですが、食材の風味が生かされており、嗜好性が高いのが特徴です。

ただし、保存性は低いため、良質なものを選ばないと様々な添加物が入っている可能性が高いです。

また柔らかいため歯垢がつきやすいこともあるので、歯が抜けてしまった老犬などには最適です。

健康な成犬に与える場合は夏場など食欲が減退する時期にドライフードと混ぜて与えるのも一つの方法です。

ドライフードをあまり食べてくれなくなったら

ドライフードは、味や香りが加工の段階で飛んでしまうものが多く、人工的に香料などを添加されている場合が多いので、ワンちゃんによってはあまり食べなかったり、高齢になってくると嫌うこともあります。

しかし、セミモイスト(ソフトドライ)フードやウェットフードは、添加物が気になって食べさせたくないと考えて手作り食にする飼い主さんが多いもの。

毎食手作り食が栄養価も考えて出来ればいいのですが、時間が足りない日があったりするとワンちゃんの健康が気になりますよね。

人工添加物が無添加で、グルテンフリーな上に、水分量70%で栄養価も考えてあるドッグフードがあれば、試してみたいと思いませんか?

今、ブッチというドッグフードがお試し価格でキャンペーンを行なっていますので、興味のある方は見に行ってみて下さい。

» 無添加ドッグフード『ブッチ』を見てみる

 - ドッグフードについて

アドセンス

アドセンス

  関連記事

モグワンナッツ
モグワンドッグフードはドッグフードジプシーを終わらせてくれるかも

  わが家にはミニチュアダックスフンド2匹、チワックス1匹、カニヘンダ …

By: Jennie Faber
犬の食事について

犬は、もともとは肉食動物です。 長い間、人間といっしょに暮らしていくうちにだんだ …

By: Lali Masriera
ドッグフードの栄養分の違いによる種類

●総合栄養食 栄養のバランスを考えて成分が調整されているもので、そのドッグフード …