ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

ドッグフードの危険性その1・・・残りの20%?

   

ドッグフードの原材料について考えたことはありますか?

人間が食べるものには食品衛生法がありますが、犬が食べるドッグフードには法律がないので何が使われているかわからないのが現状です。

また、豚や牛、鶏などの人間が口にする家畜には、飼料安全法という法律があり安全性はありますが、ドッグフードの場合は、犬が私たちの家畜ではないので放置状態のようなものです。

ペットフード公正取引協議会という組織があり、ガイドラインは存在しているのですが、表示義務などは一切なく、使用量の多い順に80%まで表示すればいいことに決められていて、添加物などは表示してもしなくてもいいということになっています。

ですから、残りの20%に何が使われているかは消費者にはまったくわかりません。

どういった原材料や添加物が使われるかは、各メーカーのモラルに委ねられているというのが実情です。

 - ドッグフードの危険性

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Andrew Vargas
ドッグフードの危険性その4・・・劣悪な原材料

◆畜肉副産物、○○ミール 畜肉(ありとあらゆる物の肉)由来の素材のことです。 動 …

By: Tony Alter
ドッグフードの危険性その3・・・長い賞味期限

ドライのドッグフードには、賞味期限が異様に長いものがあります。 1年以上や、2年 …

By: Tony Alter
ドッグフードの危険性その5・・・危険な添加物

◆合成着色料 食用赤色2号、3号。食用青色1号、2号。など。 これらはただ人間の …

By: Łukasz Hejnak
ドッグフードの危険性その2・・・4D

犬は肉食傾向の強い動物ですので、当然ですが、市販されているドッグフードの原材料で …