ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

ドッグフードの危険性その3・・・長い賞味期限

   

ドライのドッグフードには、賞味期限が異様に長いものがあります。

1年以上や、2年以上のものです。

このドッグフードは、そのまま放置していてもカビも生えないし腐りもしません。

それだけ、強い酸化防止剤(防腐剤)を大量に使用しているということです。

これは、人間は食べることはできない危険な材料です。

人間の食べ物に使うことのできる酸化防止剤(防腐剤)では、放置していればカビも生えるし腐ります。

多少の手間と費用はかかるかもしれませんが、愛犬のために、ドッグフードのことをよく調べ、体に合ったドッグフードを選んで食べさせてあげるようにしてください。

 - ドッグフードの危険性

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Łukasz Hejnak
ドッグフードの危険性その2・・・4D

犬は肉食傾向の強い動物ですので、当然ですが、市販されているドッグフードの原材料で …

By: Andrew Vargas
ドッグフードの危険性その4・・・劣悪な原材料

◆畜肉副産物、○○ミール 畜肉(ありとあらゆる物の肉)由来の素材のことです。 動 …

By: Tony Alter
ドッグフードの危険性その5・・・危険な添加物

◆合成着色料 食用赤色2号、3号。食用青色1号、2号。など。 これらはただ人間の …

By: m anima
ドッグフードの危険性その1・・・残りの20%?

ドッグフードの原材料について考えたことはありますか? 人間が食べるものには食品衛 …