ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

ドッグフードを選ぶときに大切な犬の体型やアレルギー、原材料など

      2014/10/22

ドッグフードを選ぶときに、次に考えておくべきことは体型の大きさやアレルギー対応、原材料などです。

愛犬が小型犬か大型犬か、アレルギー体質かそうでないか、原材料に何が使われているかなどを元に選んであげましょう。

小型犬用・大型犬用

「小型犬用」「大型犬用」と分かれているドッグフードも多くなってきました。
これは、小型犬が食べる量は少ないけど必要な栄養の量が多いために「小型犬用」のドッグフードは栄養価が高くなっているんです。

愛犬の種類にあわせて、選んであげましょう。

アレルギー対応

いろいろな理由がありますけど、食べ物アレルギーに悩む犬が増えているようです。

人間と同じように食べ物アレルギーの原因となるものをきちんと検査してもらって原因となる食材が入っていないドッグフードを選んであげてください。

低アレルギードッグフードや、自然の素材だけを使った高級なドッグフードもあります。
愛犬も家族の一員ですから、食べるものには気を使ってあげてくださいね。

原材料

愛犬のことを真剣に考えている飼い主さんの場合、ドッグフードに使われている原材料にこだわる場合が多くなってきています。

ドッグフードには「原材料表示」の記載がありますが、その項目は含有量の多い順となっています。
詳しくは、別のページに書いていますけど危険なドッグフードが多いのも事実です。

原材料の中身、添加物の有無など注意してみてください。

 - ドッグフードの選び方

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: normanack
ドッグフードを選ぶときに大切な犬の年齢や健康状態

ドッグフードを選ぶ時に一番考えておきたいのは、犬の年齢や健康状態です。 1.幼犬 …

By: Tony Alter
安全なドッグフードの選び方

ドッグフードのパッケージに表示されている内容等と照らし合わせてみてください。   …