ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

安全なドッグフードの選び方

   

ドッグフードのパッケージに表示されている内容等と照らし合わせてみてください。
 1. ○○副産物・○○ミール・○○粉・○○肉類を使用しておらず、○○肉ときちんと表示してある。

 2. 脂質は動物性ではなく植物性である。

3. 未処理の大豆やトウモロコシ、鶏肉を主原料として使用していない。

4. BHA、BHT、エトキシキ、アフラキトシン等の酸化防止剤、防腐剤が使用されていない。

 5. プロピレングリコール、ホルマリン、トコフェロールの合成保存料が使用されていない。

 6. 合成調味料、着色料、香料、防カビ剤などの合成添加物類が使用されていない。

 7. 塩(塩化ナトリウム)や砂糖、合成甘味料が入っていない。

8. ビタミンCやビタミンEで酸化防止・品質保持をしている。

9. パッケージが単なる紙袋ではなく、ビニール袋などの内袋と二重になっていて、酸化防止のための窒素が充填されている。

10. 並行輸入品(何ヶ月もかけて船便で運ばれてきます)ではない。

11. AAFCO(Association of American Feed Control Officials, アメリカ飼料検査官協会)の給餌テストにパスしていれば確実です。

 - ドッグフードの選び方

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: normanack
ドッグフードを選ぶときに大切な犬の年齢や健康状態

ドッグフードを選ぶ時に一番考えておきたいのは、犬の年齢や健康状態です。 1.幼犬 …

By: OakleyOriginals
ドッグフードを選ぶときに大切な犬の体型やアレルギー、原材料など

ドッグフードを選ぶときに、次に考えておくべきことは体型の大きさやアレルギー対応、 …