ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

愛犬の歯のお手入れ

   

歯の管理は、ホームケアが重要です。

歯の手入れを一生懸命することで、口の中を見ることが多くなり異常に気付きやすくなるからです。

そして、早期検査・治療により病気を防ぎ健康を維持することができます。

口の中を清潔に保つには、家庭での歯磨きがとっても大切です。

週に一度は指先にガーゼを巻きつけて汚れを擦り取ったり、歯肉のマッサージをすると良いでしょう。

歯磨きは子供用の歯ブラシを使ったり、最近は犬用の歯ブラシも売られています。

歯磨き粉は必要ありません。

犬は人間と違い虫歯になる事は少ないですが、歯に食べ物のカスが付着する事で歯石が付きやすくなっています。

歯石が溜まる事により、歯肉炎などの歯周病をはじめ、健康面で色々な弊害がでてきます。

頑固な歯石がついてしまった場合は、麻酔をかけて除去しなければいけない場合もあるのです。

日頃より歯石のつかない食生活(柔らかいものばかり与えない、偏食をさせない)を心がけましょう。

また、生後6ヶ月頃までに乳歯がすべて生え変わっているかをチェックしましょう。

乳歯遺残といい、乳歯が残った状態で永久歯が生えてくる事があります。

その場合、乱杭歯や不正咬合などの原因になるので抜歯する必要があります。

 - 愛犬の日頃のお手入れ

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: nathanmac87
愛犬のグルーミング

グルーミングとは、ブラシによるブラッシングや、クシによるコーミングなどの被毛の手 …

By: m01229
愛犬の耳のお手入れ

脱脂綿やガーゼなどにイヤーローションを含ませ、目で見える範囲の汚れをふき取りまし …

By: Mei
愛犬の爪のお手入れ

月に1~2回は爪の伸び具合をチェックしましょう。 伸びている場合は、犬専用の爪切 …

By: Michael (a.k.a. moik) McCullough
愛犬のお尻のお手入れ

肛門の周りが不潔にならないように常にチェックしましょう。 溜まっているようであれ …

By: Jennie Faber
愛犬のシャンプー

回数は日頃の手入れ、飼育の環境、犬種、皮膚疾患が無いかなどによって変わってきます …

By: JackPeasePhotography
愛犬の目のお手入れ

目の周りが汚れていたり、目やにが出ていたら塗らしたタオルや脱脂綿、ガーゼなどでそ …