ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

愛犬の耳のお手入れ

   

By: m01229
By: m01229

脱脂綿やガーゼなどにイヤーローションを含ませ、目で見える範囲の汚れをふき取りましょう。

また月に1~2度は念入りな手入れが必要です。

プードルやシーズー、マルチーズなど、耳をふさぐほど耳の中に毛が生えている犬はピンセットやカンシで毛を抜いてあげましょう。

耳掃除の際、犬の耳用洗浄液で中から洗い出すようしてあげるのが良いでしょう。(正常な耳であれば液体を入れても問題ありませんが、液体が耳の中に残らない様に注意してください)

綿棒は耳道を傷つけて炎症をおこさせたり、耳垢を耳の奥の方へ押し込んでしまう事があるので、あまり使わない方が良いです。

耳道洗浄は初めは難しいかもしれませんので、動物病院でお願いするのも良いでしょう。

犬の耳はいつも清潔にしておく必要があります。

日頃のお手入れで、「耳垢が出ていないか」「異臭がしないか」などチェックしておきましょう。

正常な犬の耳であれば、耳垢は出ませんし、異臭もしません。

上記のような症状がある場合は外耳炎などの疑いがあります。

 - 愛犬の日頃のお手入れ

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Gareth Williams
愛犬の歯のお手入れ

歯の管理は、ホームケアが重要です。 歯の手入れを一生懸命することで、口の中を見る …

By: JackPeasePhotography
愛犬の目のお手入れ

目の周りが汚れていたり、目やにが出ていたら塗らしたタオルや脱脂綿、ガーゼなどでそ …

By: Mei
愛犬の爪のお手入れ

月に1~2回は爪の伸び具合をチェックしましょう。 伸びている場合は、犬専用の爪切 …

By: Jennie Faber
愛犬のシャンプー

回数は日頃の手入れ、飼育の環境、犬種、皮膚疾患が無いかなどによって変わってきます …

By: Michael (a.k.a. moik) McCullough
愛犬のお尻のお手入れ

肛門の周りが不潔にならないように常にチェックしましょう。 溜まっているようであれ …

By: nathanmac87
愛犬のグルーミング

グルーミングとは、ブラシによるブラッシングや、クシによるコーミングなどの被毛の手 …