ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

肥満でかかりやすくなる病気

   

犬が肥満になると、さまざまな病気にかかりやすくなります。

○心臓
太って大きくなった体のすみずみに血液を供給するために、心臓の負担が大きくなります。

負担が大きくなれば心臓の老化は早くなります。

主に心不全になるようで、まず散歩を嫌がるようになり、症状が進行すると歩くことができなくなってしまいます。

また、血管にも負担がかかりますので高血圧になったりします。

○肝臓
臓器の中で一番脂肪がつきやすいのが、肝臓です。

脂肪肝や肝硬変になりやすくなります。

○消化器
腸の動きが悪くなり、ガスがたまったり重症の便秘になりやすくなります。

○骨関節
重くなった体重を支え続けるために、骨や股関節の負担が大きくなります。

椎間板ヘルニアや股関節形成不全などの関節障害になりやすくなります。

○呼吸器
呼吸器にも負担がかかるので、呼吸疾患が重くなりやすいです。

○皮膚
腫瘍ができやすくなったり、ある種の皮膚病になりやすくなります。

○免疫力
免疫力が低下するので、感染症に対する抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなったり、伝染病にかかりやすくなったりします。

その他にも、糖尿病になったりします。

どの場合でも、愛犬に対する負担は想像以上に大きいものです。

太ったかな?と思ったら正しい方法でダイエットに取組んでください。

獣医さんに相談してみるのもいいかもしれません。

 - 犬のダイエットについて

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Ellie Attebery
犬の適正体重

愛犬が肥満かどうか調べるための目安に適正体重があります。 あなたが犬を抱きかかえ …

By: Catherine
犬の肥満の原因

犬の肥満の原因は、だいたい以下の4つに分類されます。 1.食べすぎ 2.運動不足 …

By: Jay Cross
肥満になりやすい犬種

遺伝的な体質で肥満になりやすい犬種もいます。 代表的なものとして ○チワワ ○パ …

By: Kyle May
犬の体重に応じた1日の維持カロリー

【維持カロリーの算出方法】 (1) 適正体重を三乗する。 (2) √を2回押す。 …

By: Phil Jenkins
愛犬の食事にルールを作りましょう

愛犬のダイエットを成功させるためにも、これから太らせないためにも食事にルールを作 …

By: Laura
犬の肥満はなぜダメなの?

肥満の犬は、人間と同じようにさまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。 たと …

By: B Garrett
犬のダイエットには運動が必要です

犬のダイエットのためには、運動が欠かせません。 今まで太りすぎているためにほとん …

By: swong95765
犬のダイエットには食事を変えることも必要です

犬のダイエットのためには、食事を変えることも大切です。 ダイエットの食事制限です …