ドッグフードから犬の健康を考える

いつまでも元気で一緒に過ごせるようにドッグフードから犬の健康を考えましょう

*

愛犬の季節ごとの健康管理・夏

   

■犬は暑さに弱い
犬が暑さに弱い原因は、人間のように汗をかいて体温調節ができないことにあります。

もともと体温調節が苦手な犬達が快適に過ごせるよう、少しでも工夫してあげてください。

個体差はありますが、人間と同じように夏バテをするコもいます。

症状は、元気がなくなる、食欲が落ちる、消化不良から軟便や下痢をするなど、人間の夏バテと似たような症状が出ます。

ドッグフードを犬用の粉ミルクやスキムミルクなどでふやかして食べやすくして、食欲をそそる方法を試してみてください。

また、散歩は早朝の涼しい時間や、夕方に陽が傾いて涼しくなってからにしましょう。

人間よりも地面に近い犬は、アスファルトの照り返しをまともに受けてしまい、ずっと暑い思いをしています。

■フィラリア症の予防
フィラリアを媒介するのは蚊です。

蚊の発生を防ぐとともに、室外飼いの犬の場合は犬用の蚊取り線香や防虫剤を用意しましょう。

また、フィラリア予防薬はとても効果的です。

予防薬には、一日一回、2日に一回、月一回と、それぞれ服用方法の異なるタイプがありますが、最も一般的なのは月一回、半年間服用するタイプのものです。

予防薬は一度飲めばずっと効くものではありませんので、服用方法や服用期間は必ず守る必要があります。

■フードの管理
意外と盲点になりがちなのが、ドッグフードの管理です。

缶詰のものは、なるべく一度で使いきるようにしましょう。
もしも残ってしまった場合には、別の容器に移し、必ず冷蔵庫で保存してください。

ドライタイプのドッグフードも、含まれている脂肪分が酸化しやすいので注意が必要です。

できれば夏の間は小さ目の袋のものを購入して、開封後一週間程度で使いきるようにすると良いでしょう。

その場合も、もちろん直射日光の当たらない、涼しい場所に保管してください。

■冷たい水
いつでも清潔な冷たい水が飲めるように配慮してあげましょう。

汲み置きした水はすぐにぬるくなってしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。
気がついた時に、こまめに取りかえるようにしましょう。

 - 犬の健康について

アドセンス

アドセンス

  関連記事

By: Eric Sonstroem
愛犬の季節ごとの健康管理・春

■温度差に注意 春は気温の差が激しい季節です。 今日は暖かいと思っても、次の日は …

By: BL4d3RuNr
毎日の愛犬チェック

犬はしゃべれないので、当然ですが体調が悪くても言葉で訴えることができません。 た …

By: Toshihiro Gamo
愛犬の季節ごとの健康管理・秋

■気温の変化への対応 秋になったとはいっても日中はまだ暑かったり、そうかと思うと …

By: Diego Torres Silvestre
愛犬の季節ごとの健康管理・冬

■寒さ対策 犬は暑さよりは寒さに強い動物ですが、それでもやはり限界というものがあ …

By: A_Peach
ワクチンの接種について

愛犬を病気から守るためにワクチンの接種は必要です。 できるだけ、定期的に早いうち …